日本臨床検査同学院ロゴ

一級臨床検査士資格認定試験


合格者数

 
 ◆ 2015年(平成27年)〜2017年(平成29年)                          
 科 目 2017年
(第62回)
  2016年
(第61回)
  2015年
(第60回)
受験者  合格者   受験者  合格者   受験者   合格者
  微生物学 8 1   4 0   4 1
  病理学 14 2   14 0   10 1
  臨床化学 3 0   3 0   4 0
  血液学 3 0   1 0   3 1
  免疫血清学 1 0   1 0   3 2
  循環生理学 1 0   0 0   1 0
  神経生理学 1 0   0 0   0 0
 呼吸生理学 1 0   1 0   0 0
 合 計 32 3   24 0   25 5
◆ 1956年(昭和31年)〜2017年(平成29年)年累計 
 科 目 合格者
  微生物学 60
  病理学 49
  臨床化学 32
  血液学 52
  免疫血清学 23
  循環生理学 3
  神経生理学 0
  呼吸生理学 7
  寄生虫学@  2
  循環・神経生理学A  7
 合 計 235
    
     * @Aは現在廃止。@1997年(平成9年)〜2005年(平成17年)、A1956年(昭和31年)〜2009年(平成21年)まで試行。
     * 1990年(平成2年)より1次・2次、単位別試験に分かれる。
     * 2001年(平成13年)より共通英語施行。
     * 2010年(平成22年)より循環・神経生理学が分離。循環生理学、神経生理学となる。
     * 2011年(平成23年)より1次試験の専門筆記試験に合格すれば2次試験が受験できる。専門筆記試験の合格年から3年間に1次英語、
       2次の全ての試験に合格した方が最終合格者となる。
     * 2016年(平成28年)より更新制度開始。対象者:2016年(平成28年)以降に一級臨床検査士資格を取得し、認定登録をしている方。
        一級臨床検査士の資格更新について