日本臨床検査同学院ロゴ

緒方富雄賞


 本賞は、初代院長(現理事長) 故 緒方富雄先生が昭和60年(1985年)の日本臨床検査同学院設立十周年記念行事の一環として提唱し、制定された賞です。
 臨床検査領域の技術を通じて医療の発展に貢献した、臨床検査技師あるいは衛生検査技師に贈呈されます。
 


 緒方富雄先生の賞への思い
  賞の構造はどうあれ、
   賞を出す”こころ”は、基本的に人類愛に発している
     同学院と緒方富雄先生
 
緒方富雄 先生 【 ヒポクラテスのメダル 】
                 

緒方富雄賞 歴代受賞者


    平成29年までに93名が受賞しています。
      歴代受賞者一覧

   【平成28年】
     第32回受賞者              
   (敬称略)
◇ 小松 方 天理医療大学医療学部 臨床検査学科
 臨床微生物学領域、特に細菌感染症の迅速診断法の開発、ならびに抗菌薬感受性検査の報告方法にpharmacokinetics/pharmacodynamics理論を使用した検査システムを開発し、国内ではじめて臨床検査に導入し報告書として表した。現在は質量分析(MALDI-TOF MS)を用いた感染症迅速診断および抗菌薬耐性菌の検出法の開発に従事している。

   【平成27年】
     第31回受賞者              
   (敬称略)
◇ 青木 裕志 順天堂大学医学部附属練馬病院 病理診断科
 病理細胞診部門における精力的な教育活動ならびに、高い技術力を駆使した研究、国内外での学会活動により病理技術の標準化に貢献
◇ 池田 聡 土浦協同病院 病理診断部
 病理細胞診分野における多数の遺伝子検査関連の論文ならびに遺伝子検査技術の普及に貢献
◇ 石井 清 順天堂大学医学部附属練馬病院 臨床検査科
 血液分野における酵素抗体法の発展・JICA活動による東南アジア領域への国際貢献など、血液検査を中心とした学術・教育活動が評価された
◇ 井戸田 篤 大阪府立成人病センター 臨床検査科
 臨床検査生化学・細菌・血液学の普及活動ならびに遺伝子検査分野における技術の確立と普及に貢献
◇ 橋 修 市川市リハビリテーション病院 臨床検査科
 長年にわたる神経生理検査分野における教育活動と学術活動が評価された
◇ 長沢 光章 東北大学病院 診療技術部
 臨床微生物検査・感染制御分野における自動化とシステム化の構築・薬剤耐性サーベイランスなど、微生物分野における貢献

   【平成26年】
     第30回受賞者
   (敬称略)
◇ 阿部 仁 慶應義塾大学医学部 病理学教室
 ADAM28発現に関する新しい知見が注目されていると同時に,基礎的な染色法や標本作成に関する指導書も多い。病理分野では技術の標準化に向けての活動に多く携わっており,その実績を生かした病理・細胞診分野での講義は,高い評価を受けている。細胞検査士養成所の非常勤講として細胞検査士の育成にも寄与している。
◇ 三澤 成毅 順天堂大学医学部附属順天堂医院 臨床検査部
 薬剤感受性検査法の精度向上と薬剤耐性菌の疫学的研究など優れた研究発表を長年にわたり発信している。また,国内外における微生物検査技術の教育と普及に貢献しており,国際協力機構からの要請により,臨床検査分野の国際協力者として発展途上国現場での指導も行っている。

   【平成25年】
     第29回受賞者
   (敬称略)
◇ 黒田 雅顕 帝京大学医療技術学部 臨床検査学科
 「Infectrol」を用いた精度管理システムの構築を行った。また,一級臨床検査士として同学院の試験,講習会に深く関わるなど,免疫血清学の教育に貢献している。
◇ 町田 幸雄 日本医科大学千葉北総病院 中央検査室
 上級システムアドミニストレータとして国内外の臨床検査技師会にてe-learning教育システムを企画・実行した。世界中で共有できる教育プログラムとして臨床検査技師の教育と国際交流に貢献している。
◇ 横田 浩充 東邦大学理学部 教育開発センター
 転座型白血病遺伝子同定検査及び遺伝子定量検査を病院検査部において確立した。遺伝子検査の普及活動とその教育に貢献し、遺伝子分析科学認定士試験では試験委員として深く関わっている。

    【平成24年】
     第28回受賞者
   (敬称略)
◇ 川崎 誠司 佐賀大学医学部附属病院 検査部
 質量分析法による農薬の検出,定量法の確立並びに遺伝性高アルカリフォスファターゼ血症に関する研究に貢献
◇ 戸田 好信 天理医療大学医療学部 臨床検査学科
 若手研究者の病理組織学的研究において,病理解剖,標本作成技術ならびに各種染色法など多岐に渡って指導するなど,病理学教育に貢献
◇ 堀井 隆 順天堂大学医学部附属順天堂医院 臨床検査部
 南米パラグアイでの臨床検査の普及並びに免疫グロブリンやCRPなど血漿蛋白の標準化に際し,今日のデータ収束の礎を築いた功績
     * 受賞理由は平成24年より公表

      受賞者への記念品