日本臨床検査同学院ロゴ

講習会 

 微生物、寄生虫講習会 のお知らせ  西日本 

 
【微生物学、寄生虫学講習会について】
 ■ 会 場:東日本と西日本の2会場で開催します。
 ■ 東西の違い:東日本は微生物学と寄生虫学は別日程で行います。西日本は微生物学と寄生虫学を1日で行います(実技中心)。
 ■ 当日の資料(ハンドアウト):東西で同じものを使用します。
 ■ 申込み:できるだけ多くの方に受講していたくため会場は東日本、西日本のいずれかを選択していただき、
  希望者が多い場合は講習会責任者が抽選等で受講者を決めさせていただきますのでご了承の上お申込みください。
                                                                   
   ご連絡
5/16 振込確認ができた方から受講票をお送りしていますが、振込確認には3日程度要します(土、休日は除く)。
振込から10日たっても受講票が届かない方はメールでお問合せください。  
日本臨床検査同学院 講習会係 koushu@clmj.jp
5/15  お振込み時に認識番号をつけ忘れた方へ こちらで探して確認しますのでご連絡は不要です。 
5/9  定員40名のところ89名の申込みがありましたので定員を再検討し、今年は60名に受講していただくことになりました。受講者は「1施設1名」、「昨年受講した方は除く」、「申込み先着順」で決めさせていただきました。施設、機器に限りがあるため全員に受講いただけないことをご理解、ご了承ください。  
本日、申込者全員に受講できるかどうかの結果を配信しました。届かない方はメールでご連絡ください。 koushu@clmj.jp
5/1 申込を終了しました。多数の申込みありがとうございました。
申込集計と受講者の決定を行いますので受講者の発表はお待ちください。
4/27  申込数 86 名   随時更新します。
4/16 申込を開始しました。申込期間 4月16日(月)12:00〜5月1日(火)12:00 (厳守)
4/13 申込は4月16日(月)12:00から開始します。
申込時間が過ぎても申込ができない場合は古い情報が表示されている可能性があります。
更新ボタンまたはF5を押して最新の情報に更新してください。 
  
    【 申込みから受講の流れ 】 詳細はお知らせの 8.申込方法をご覧ください。  
@申込み A申込集計、
受講者の決定
B受講者の
発表(メール)
C受講料
振込
D受講票
送付(メール)
E講習会受講
会場案内は各自ダウンロードしてください
 
申込フォームへ進む
申込終了
 申込期間:  4月16日(月)12:00〜5月1日(火)12:00 
   微生物・寄生虫講習会(西日本)   
  *申込み内容の変更、問合せはメールでお願いします。申込みフォームへの再入力は
     しないでください。
会場案内ダウンロード        微生物・寄生虫講習会(西日本)会場案内  
     
 

 第4回微生物検査・寄生虫検査基本技術講習会(西日本) のお知らせ     

 主催:日本臨床検査同学院 微生物学・寄生虫学部会
1.目  的 微生物検査、寄生虫検査に必要な知識と技術を習得し、安全かつ良質な日常検査を目指します。
なお、本講習会は二級臨床検査士資格認定試験の受験対策が第一の目的ではありません。また、受講が二級試験の合格を約束するものでもありません。
2.受講対象者 二級臨床検査士認定試験受験者、および微生物検査、寄生虫検査法について学ぶことを希望する臨床検査技師を対象とする。 
3.日時・会場 2018年6月3日(日) 9:00〜17:00 集合8:50まで ( 8:30から受付開始 )  【予定】
天理医療大学 B棟4階
4.定  員 40名
5.受 講 料 8,100円 (税込)  (資料(ハンドアウト)代込)
6.講師、内容 講師 
 小松 方、中村 彰宏、清松 佐知子(天理医療大学)、阿部 教行、大野 裕貴(天理よろづ相談所病院)、
 岡田 潤平(京都山城総合医療センター)、藤田 拓司(潟tァルコバイオシステムズ総合研究所)、
 山下 貴哉(市立奈良病院)、中山 章文(岐阜医療科学大学)

内容 
 講義:  講義I 微生物学的検査 腸内細菌科細菌の同定のポイント  
   講義II 医動物検査  
 実習:  実習I 無菌操作、顕微鏡検査、分離培地判定 ガスバーナーの操作、 血液寒天培地作成方法  
   実習II 腸内細菌科細菌の同定検査、スライド凝集反応、薬剤感受性検査、 耐性菌検査  
   実習III 虫卵・原虫検査、集卵法の実施  
7.持参品 および昼食 受講票、白衣、筆記用具、ディスポーザブル手袋(5 セット)、昼食
* 当日使用のテキストは受付時に配布します。
* 昼食は近隣のコンビニエンスストアで購入可能ですが、時間が限られていますのでできれば持参してください。
8.申込方法、
  講習までの流れ
@ 受講希望者は申込フォームから申し込みをしてください。
  東日本、西日本のいずれかを選択していただきます。
  東西両会場に申込んだ場合、受講希望者リストより削除する場合がありますのでご了承ください
A 申込者が多い場合は抽選等で講習会責任者が受講者を決定します(*)。
B 申込者全員に受講できるかどうかをメールでご連絡します。連絡日は「ご連絡」欄に掲載します。
C 受講者は受講料を期間内に振込んでください。期間は「ご連絡」欄に掲載します。
D 受講料の振込みが確認できましたら申込みのアドレスに受講票をメール送付します。
E 受講者は各自、会場案内をダウンロードして、当日忘れ物がないように会場にお越しください。
* アドレス:次のようなアドレスはメール返信できない場合がありますので、別のアドレスでお申込みください。
  ・全角,ひらがな,カタカナ
  ・「、,」(カンマ)
  ・「..」(連続するドット)
  ・「--」(連続するハイフン)
  ・「abc@.」「abc.@」など,メールアドレスの@の直前直後に記号のあるアドレス
  ・「.abc@」など,メールアドレスの1文字目にドットのあるアドレス
* 受講票に関して
  ・ メールにて送信します。時間がかかる場合がありますのでご了承ください。
  ・ 講習会の1週間前までに受講票が届かない場合はご連絡ください(11.問合せ先)。
* 抽選に関して
  ・抽選の際、次のような基準をもうけさせていただくことがあります。
     1施設1名、昨年受講した方は除く、微生物学は実務経験3年未満など。
9. 振込み方法 「講習会名」または「講習会の認識番号」がないと他の講習会との判別ができませんので、必ず振込み方法を厳守してください。

○ 郵便局からの振込 
 <払込用紙を使用> 通信欄に講習会名を記入してください。
    例: 「微生物・寄生虫学講習会(西日本)」  
     払込用紙記入方法(数人で振込む場合には通信欄に全員の名前を記入してください。)

 <カード゙又は通帳>  郵便局口座からの振込は振込人名を指定できません(口座名義人名となります)。
     別の方の口座から振込んだ場合は申込みフォームの備考にその旨ご入力ください。
      口座記号: 00160−1  口座番号: 31658  名称: 日本臨床検査同学院   

○ 銀行、ネットバンキングからの振込
  振込人名の前に講習会の認識番号 をつけて、各人で振込んでください。
  番号入力を忘れた場合、申込みフォームの備考にその旨ご入力ください。
  認識番号  微生物・寄生虫(西日本) 007  (例: 007 カンダタロウ )。

      ゆうちょ銀行   ○一九店(ゼロイチキュウ店)   
      (当座) 0031658   シャ)ニホンリンシヨウケンサドウガクイン


 * 受講申込みをキャンセルされた場合、受講料は払い戻しできませんのでご了承ください。
10.領収書 領収書の発行については、郵便局の「振替払込請求書兼受領証」、又はATMの「ご利用明細書」をもって代えさせて頂きます。
*別途必要な方  連絡時には講習会名も忘れずにご連絡ください。
  ・ 講習会1週間前まで : 申込み時にフォームに入力または後日メールでご連絡ください。
   領収書は講習会終了時にお渡しします。
  ・ 講習会終了後 : 郵送でご請求ください。  請求方法
11. 問合せ先 日本臨床検査同学院 事務局  メール: koushu@clmj.jp  電話:03-5282-3117
* 問合せの際には氏名、講習会名、受付・受講番号(分かっている場合)、勤務先などをご連絡ください。他の問合わせも多い時期となり、同姓同名の方がいる場合がありますので、ご協力のほどよろしくお願いします。
12. 日臨技生涯教育研修制度履修点数  履修点数 基礎 10点   申請は各自で所属する都道府県技師会に書類を提出してください。
                 提出に関する問合せは日本臨床衛生検査技師会にお願いします。